2009年08月/ 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

--.--/-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
編集 |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑

2009.08/01 (Sat)

変わりゆく日比谷。

マーベラスクリーム

半年ぶりに日比谷に行ったら、いろいろ変わっててビックリ。
↑って、美容院じゃなかったっけ?
いつの間にか、マーベラスクリームっていう
アイスクリーム屋さんになってたョ(o´Д`)

三信ビルが取り壊された所は、相変わらず平地のまま。
リーマンショックで、新しいビルを建てるお金が無くなっちゃった?!
と思ったら、道を挟んだ日比谷三井ビル(三井住友B/K本店)も壊して
再開発するんだとか。

何がショックって
日比谷三井ビルに入ってたレストラン・日東紅茶が閉店してたこと。

ヅカファンのたまり場だったのになあ。
窓際のお席を確保すれば、入り出待ちを見られる絶好のロケーション。

それに、ランチ時などの混雑時に開放される奥の部屋の
そのまた奥に小部屋があり
公演期間中は会(生徒それぞれのファンクラブ)が借り上げて
スタッフさん達の事務所として使ってた。
うっかり生徒さんやスタッフさんの悪口を言わないよう(笑)
気を遣いながら食事した日々が懐かしー。

千代田線日比谷駅から直結してた三信ビルの地階から
日比谷三井ビルの地階を抜ければ、そのまま宝塚劇場前へ。
入り待ちに間に合うよう、地階を全力ダッシュしたこともあったっけ。
ビルの解体により駅直結も無くなってしまい
カンカン照りの中を歩かなきゃいけなくなったのを、恨めしく思いマシタ。

観劇前に日東紅茶で、ちゃちゃっとお夕飯しよーと思ったのに
閉店してたので、シャンテ地下の柿安三尺三寸箸へ。

柿安三尺三寸箸

『さっぱりしたお肉が食べたい』という同行者の希望もむなしく
お肉類は見当たりません。
お店のコンセプト〝安心・安全・健康〟には、肉類はイケナイみたい?
柿安ってお肉屋さんのはずなのにね~。

お味のほうは‥、例えば煮物とかお砂糖使いすぎな気はしましたが
中華系は美味しかったです。
すいてたからか、揚げたての春巻きのテーブルサービスがあったり
済んだお皿も素早く片付けてもらえ
おネエ系のフロアスタッフさんの優しい言葉遣いにも和みましたデス♪
スポンサーサイト
編集 |  10:30 |  食べモノ  | トラックバック(0) | コメント(0) | Top↑

2009.08/01 (Sat)

月組エリザ ’09



大好きな大好きな「エリザベート」
月組公演’09版がもう終わろうかというこの時期に
やっと観に行くことができました。

記憶にある限り、過去のエリザは1階席でしか観たことがなく
今回とうとう2階席から観ることができたので
トップ様だけでなく、全体の構成も楽しめて嬉しかったあ♪


主演男役=トップ様であるアサコちゃん。
過去にルキーニ役、エリザベート役を経たうえでのトート役。
大作でこれほど重要な役を歴任した生徒さんも珍しぃ。
次回作での退団も決まってますし
どのよなトートを作り出すか、とっても期待しちゃいます。

‥が、結論から言うと期待はずれだったかも(T_T)

死神トートは、エリザベートを愛するあまり死なせることが出来ず
家族の破綻や革命を画策し、トートを愛する(死を熱望する)よう
暗躍する、というストーリー。

小さい頃(ヅカ的表現で新人くらいまで)から
〝俺様〟な存在感でファンを萌えさせてたアサコちゃんが
どれだけ熱く演じるか、すごーく期待してたんだけどぉ‥
基本的に、エリザベートをそこまで愛してるよーに見えなかった。
アサコちゃんのクールで端整なお顔立ちがいけないのかしら?
無表情に見えてしまって残念です。

美しく工夫された死神らしいメイクをなさってるのだから
もっと笑ってしまっても良かった気がします。
2幕目では1幕目に比べ表情が豊かだったのを考えると
もしかしたら、メリハリをつけたのかも?

振り返ると、アサコちゃんの舞台はいつも
女役とは友達止まりに見えることが多かった気がしてきました。
かつて、オサさんとの仲をとやかく言われた印象が強いせいか
男役同士の絡みのほうがワクワクな先入観があるのかもー。
今回のエリザでは、ルドルフとのBL的なシーンが一番よかったハート

もひとつ残念だったのが城咲あいちゃん。
スタイル抜群で若々しい彼女に
イジメ役である姑ゾフィーをさせるなんて!これって配役ミスじゃない?
年配女性らしい太い声が出ないらしいことも致命傷に思えました。
〝宮廷でただ1人の男〟と言われるほどの強さが感じられないの。

こんな感じに多少無理があっても
組の中で配役していくのが常のタカラヅカだけど
今回は、劇団全体でのオーディションをして選んだという
エリザベート役に、宙組の凪七瑠海ちゃん(本来は男役)。

昨年の11月初め頃、彼女がエリザ役だと噂を耳にしましたが
オーディションっていつやったのかしら?
とか疑いたくなるのが、金権政治の横行するヅカワールド(笑)

言っちゃいけないかもだけど‥、お顔立ち的に‥
もっとエリザベートらしいほうが良くないですか?
鏡の間の〝どーだ!〟な美女っぷり全開シーンで
ウーン‥と思ったのは初めてです 変な汗
二階席から見ると、ほっぺがとても膨らんで見えてしまい
すっとんきょうなフグみたいに見えちゃって辛かったの腟

って、また誰かにこっぴどく叱られてしまいそーですが‥
彼女自身は男役さんとは思えないほど声が可愛らししく
手足が長い&小さなお顔でスタイル抜群!
シシィとして飛び出してきた瞬間、惚れ惚れでしたから~♪


で、今回一番嬉しかったのは、桐生園加さんの黒天使っ!!

2003年の花組エリザを観たとき
黒天使のうちのひとりに、ふと目が奪われました。
なんて素晴らしく魅せるダンスをする方メロメロ
それが桐生園加さんでした。

月組に異動されて以来、いつもそのダンスに魅了されてましたが
ふたたび彼女の黒天使姿を見られるなんて
しかも黒天使の長なので見せ場たっぷり。
まるで夢のよう。
黒天使だけを映したDVDが欲しいくらいでっす。
編集 |  10:28 |  ヅカファン  | トラックバック(0) | コメント(2) | Top↑
 | HOME | 

お知らせ

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク

LANCOME

My Favorite

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。