2017年05月/ 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

--.--/-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
編集 |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑

2008.07/01 (Tue)

新・日本三大夜景。

新日本三大夜景・山梨

三大夜景といえば、函館・六甲・長崎ですが
2003年に新日本三大夜景というのが選ばれてたそーです。
福岡・奈良・山梨の三つ。

そのうち、山梨の笛吹川フルーツ公園辺りが冒頭の写真デス。
(クリックすると、チョイ大きめ写真に)
先月山梨へ行った際、泊まったホテルの部屋から撮ったので
写真の下半分はホテルの敷地だったりしますがjumee☆faceA109

真ん中あたりに見える光のドームが、公園の温室。
このおかげでキラキラな夜景になってる気がするぅ☆

ところで、この新・三大夜景じたいぜんぜん知りませんでした。
でもこの近くの人たちは、皆さんご存知らしい。(トーゼン?)
山梨在住のイトコに「三大夜景だって!すごい綺麗」って言ったら
『そうら?おまえが泊まるっちゅうから、家中の電気つけとくよう
  みんなに言っておいたけえ』(アレ?こんなだったかな?方言‥)

嘘のつき方ももてなし上手で、素晴らしい所。キラキラ(緑) 山梨 キラキラ(緑)

泊まったホテルのスタッフの方々も、とても感じが良かったです。
フルーツパーク富士屋ホテル
フルーツパーク富士屋ホテル

いちおー、富士屋ホテルのチェーンだけれど
箱根の富士屋ホテルとは格がだいぶ違います。
歴史が違うので仕方ないかも。

デラックスツインをお願いしたけどお安いし広さもゆったりめ♪
館内には天然温泉もあって(私は入らなかったけど)
母も満足~でした。

ただ‥
ベッドが硬いです。超硬質ベッド!
寝返りうつたび目が覚めちゃうんダヨ~(T_T)
全客室のうち、半数は和室?というくらい和室の多いホテルなので
いっそ畳にお布団のほうが、ぐっすり眠れるかも。

今回はただ泊まるだけだったので、いろいろ楽しめなくて残念。
目の前のフルーツパークを散策するのも良さそうだし
すぐ近くにあるほったらかし温泉にも行きたかった!

夜景を見下ろしながら‥
あるいは富士山を眺めながら入れる露天風呂なんだって。
どーやら日の出を拝みながらもアリらしいです。
くぅ~、行ってみたあいふるーつ☆Cultivation・ドキドキハート
編集 |  18:12 |  娯楽  | トラックバック(0) | コメント(2) | Top↑

コメント

●こんばんは
綺麗。
肉眼でご覧になられたら、さぞかしでいらしたことでしょう。
お写真の下半分がホテルの敷地なのが却って
二層の奥行きを出していらして、良かったような。
灯る森の向こう、街の明かりが、発光する海のようです。
従兄さんの台詞も、さすが新三大夜景の風格ある
こなれ方でいらしてw

夜景って、微妙なバランスで変わってしまいますよね。
海に浮かぶ漁火なども神秘的ですが
あまりな大船団になってしまうと興醒めですし。
東京の夜景は、もう少し前の、あれが新宿・あれは赤坂と
超高層ビル群がちょっと離れ離れにあった時の方が
良かったような気がいたします。
なんだか今はそれが連なってしまって、逆にのっぺりしていて。

青 |  2008.07.02(水) 00:10 | URL |  【編集】
●→青さん
>夜景って、微妙なバランスで変わってしまいますよね。

たしかに♪
クリスマスシーズンのキラキラなら心浮き立つ感じで好きです。
けど、ちょっと距離を置いて見ると、>逆にのっぺり なのでしょーね。
闇があってこそ光が引き立つ、と考えるとぉ‥
川崎あたりの工場地帯は、昔とさほど変わらないロマンティックな夜景かも。
あのニオイさえ無ければ‥


このイトコったら、やけに男らしいんデスヨ。
最近の15年間で、私を名前で呼び捨てにする同年代の男性はコイツだけ。
田舎って‥男尊女卑って‥と、イロイロ言いたくなっちゃうけど
それなりに貴重な存在として、山梨を背負っていって欲しいな(笑)と。
セラピナ |  2008.07.02(水) 00:52 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

URL
コメント
パス  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示
 

トラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | HOME | 

お知らせ

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク

LANCOME

My Favorite

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。