2017年06月/ 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

--.--/-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
編集 |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑

2009.01/22 (Thu)

世界一の朝食・前編。

bills

ニューヨークタイムズ曰く〝世界一の朝食〟
で有名な bills で、夕食(笑)を食べました。

昨年3月、七里ヶ浜にオープンして以来、いつか行こーと思ってましたが
行列がもの凄いと聞き、二の足踏みまくり。
冬の、しかも夜なら‥と飛び込んでみたら、すんなりOKでしたあ。
 (心配であれば、ディナータイムのみ予約可だって)

でね、まず駐車場に入る時点でドキドキしちゃった。

店名を忘れ、定かな場所も知らず
建物の外観しか記憶にないまま、賭け気分で駐車場のバーをくぐる。
その先で待ち受けてた警備員さんが、ものすごく丁寧な口調で
『駐車場料金についてご存知でしょうか?』って訊くわけ。

「知らないですケド~、お夕飯を食べられたら‥♪って来ました」

『ビルズさん、ただいま大丈夫でございます』と警備員さん。
内心(そーそー!〝bills〟だあ♪)と思い出してウキウキ☆
けど、警備員さんのさらなる慇懃な様子に緊張感が高まります。

billsって、たしかオーストラリアのお店のはず。
オージーといえば、気さくで気楽で気軽なんぢゃないの?!
さくっと朝食を食べるお店と思ってましたが~
なぜそれほど丁寧な対応でいらっしゃる?!

『‥コチラの駐車場は1時間千円でございまして
 建物内で3千円以上ご利用頂きますと1時間400円となります』

最初の1行で、うわっ暴利~~!と思っちゃいました。
なるほど、警備員さんが畏まってらした理由がわかった気も(笑)
土日の昼間は、待ち時間だけで1~1時間半ほどかかるそーだし
逗子方面からだと駐車場に入りにくいので
七里ヶ浜海岸駐車場に駐車したほうが気が楽かも。

あるいは、七里ヶ浜駅から近いので、江ノ電で行くのも楽しそー。

さて、車を降りてお店への階段を上る。
階段を挟んでダイニングのドアとバーラウンジのドアがあります。
ぉトイレはラウンジのほうにしか無いので
その度、スタッフさんが扉の開け閉めしながら先導して下さる。
親切が嬉しい反面、ちょびっと恥ずかしー(笑)

そして、ドアとドアの間(つまりお外)2mほどで吹き付ける寒風に
コートをクロークに預けてしまったことを恨めしく思いました。

店内はテーブルがゆったりと配置されていて
カジュアルな小物や内装で、とても寛げます。
昼間なら、大きな窓から海が見えるので
どーしても昼間が混んでしまうとのこと(スタッフさん談)。

湘南の海‥と思うと、あまりキレイな印象のない私には
ぜんぜん夜でオッケー流れ星

編集 |  08:48 |  食べモノ  | トラックバック(0) | コメント(4) | Top↑

コメント

●こんにちは
湘南の海は・・・「海水浴場」と「海の家」のイメージw
遊び盛りwは日に当たらない様に生きておりましたもので、
思い浮かぶのは子どもの記憶ままで。

雰囲気で勝るのは、やはり夜の海でございましょう。
窓の外は、一面の海・・・ぬばたまが佇んでいるのでしょうか。
夜の黒より暗い闇、街中では巡り合えない贅沢な風景。
美味しいお食事と、美味しいお酒と・・・

あああああ、こんな時間に、なんだか飲みたくなってきてしまいましたw
青 |  2009.01.23(金) 13:01 | URL |  【編集】
●→青さん
早めの時間から飲むと‥効きますよね~♪(^.^)
〝シャンパンブランチ〟に憧れてるのですが、まだ経験がありません。

七里ガ浜のとなり、稲村ガ崎を越える際、あまりに暗くてビックリしました。
海側にも歩道があるのに、街灯は逆車線側にしか無いんです。
怖くないのかしら‥
っていうか、夜ここを歩くひとなんていない、ってことかしらあ。
うっかり浜に降りてしまったら
夜の海はどこから始まってるのかわからなくてコワイです。
波の音だけが、どんどん大きくなっていくよーな‥

といっても昔は、なにより暴走族のほうが怖かったです(笑)
今回の湘南でも、ソレ風バイクで蛇行する暴走’s(2台ぽっち)なら見かけました。
セラピナ |  2009.01.24(土) 02:39 | URL |  【編集】
●湘南
聖地です。

人は多いし海は汚いし普段は波もありません。だけど惹かれます。いえ、行きませんけどね。

波乗りを始めて数年後、街にはサーファーファッションが溢れ、車の屋根にはサーフボードが積まれていました。
一国を左折し、右にサーフ&サンズを超えてT字路を右折すると海が見えてきます。
辻堂。夏の夜明けの辻堂。

すこし上達してからは波のない湘南からは足が遠のき、もっぱら千葉に通うようになるのですが、あそこだけは特別な地です。

七里から稲村の道を台風がまだ遠い洋上にあるときに歩いてみてください。運が良ければ何百キロの彼方からシェイプされて届くグランドスウェルを見ることができます。波はそれだけで美しい。
人の背の高さの何倍もある波のフェイスを滑り降りるサーファー達は、そこに居ることが許されるレジェンド達です。

サーフコミュニティーというのはそれぞれの地にあるのですが、サーフカルチャーというものがあるのは湘南だけです。達郎を聴きながら走る道はどこにでもありますが、ボサ・ノヴァが似合う道は湘南にしかないのです。

http://starb.cool.ne.jp/






はた坊 |  2009.01.24(土) 06:59 | URL |  【編集】
●→はた坊先生
先生の湘南はとってもステキv-227v-353
サーファー目線で見ると、また違った景色に見えるのでしょうね。
昔、花火大会になると
そこここのサーフショップごとに仲間らしき人たちが集まり、ワイワイ楽しそーな様子。
はたから、とても羨ましく見えたものです。

サーファー入門編(?)の辻堂は
大きなショッピングセンターも出来て、だいぶ様変わりしたそーですョ。
サーフィン目的でなくても、その変貌ぶりを見に遊びにいらしてください♪


先生ご紹介のサイトは写真家さんでしょーか。
いろんな季節やシーンが印象的に切り取られてて、実際よりキレイな気が。
そーいえば高校生の頃、女子4人連れで海岸をウロついてましたら
カメラを持ったおじさんから「コレ持て、こうポーズしろ」と
指示されまくったことを思い出しました。
のちに立派な写真に仕立てて送って下さって嬉しかったです。

あ!そーいえば(part2)
稲村ガ崎の手前で海方面に目をやりましたら「海抜4.6m」との看板がありました。
台風時に行ってしまったら〝運良く〟ビッグウェイブに攫われてしまいそぉ(笑)
セラピナ |  2009.01.25(日) 00:57 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

URL
コメント
パス  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示
 

トラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | HOME | 

お知らせ

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク

LANCOME

My Favorite

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。