2017年04月/ 03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

--.--/-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
編集 |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑

2009.03/27 (Fri)

リバイタラッシュの回収。

リバイタラッシュ回収

すっごい効くのに、残念ながら回収ですぅ。

独立行政法人医薬品医療機器総合機構
  【化粧品 回収の概要
『化粧品基準において、「粘膜に使用されることがある化粧品」には
 配合が認められていないクロルフェネシンを配合したため。』
が主な理由。

殺菌剤・防腐剤として使われるクロルフェネシンは
皮膚への刺激が強いので、アレルギー性皮膚炎を起こす人もいるそう。
表示義務はあるものの、ハンドクリーム等では認められてます。

が、リバイタラッシュの場合、塗る場所が皮膚なのか粘膜なのか‥で
見解の相違があり、今回の回収となったよーです。


まず、購入した会社であるサンクユイットコンサルティング㈱に
メール問い合わせしたところ
『今回の回収は「クラスⅡ」(販売者に対する回収まで)となっており
ご利用者様への回収は必要のない状況で御座いますのでご安心下さい。』 との返信。

ホントにぃ???なんか安心できないんですけどー。
では、製造販売元へお訊きしましょー。

製造販売元であるチベン製薬さんから、長文の丁寧な返信。
『クラスⅠのものと同様、クラスⅡも原則として回収できる範囲のものは
 すべて直ちに、回収すべきものです。 (中略)
 回収、返金等の処置を発売元に一元的にお願いしておりました。
 対応がなされていないことを知り、驚いています』 とのこと。

私へのメール対応とともに、発売元への対応も細かくしてくださって
とても助かりました。
結果、サンクユイットコンサルティング㈱さんから
『誤解を招く表現があった』旨、メールが来ました。(誤解?・笑)

ところで、今回の回収通達は、あくまでも
日本用正規品であるチベン製薬製造販売の物だけです。
当然ながら、平行輸入などで購入したものは対象外。

いつもなら外箱なんてパッと捨てちゃうのにね~。
なぜかコレだけは箱を保存してたことが幸いしました。
発売元等の記載された外箱。そして購入した際の注文請書。
両方あったからこそ、きちんと対応してもらえたのかも。

さらに
今回の件でぐぐった際、巷にリコールが溢れてることを知りました。
(新聞の下のほうに小さく書かれてるものだけぢゃないのねー)

なので今は、そーいった情報を集めてるサイト(参:リコールナビ)を
RSSリーダーに登録して、毎日読むよーにしてます。
 

追記です。(↑「リコールナビ」さんが閉鎖されるそーなので)
リコール情報を集めてるサイトの参照:リコールプラス
編集 |  00:06 |  美容モノ  | トラックバック(0) | コメント(0) | Top↑

コメント

コメントを投稿する

URL
コメント
パス  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示
 

トラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | HOME | 

お知らせ

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク

LANCOME

My Favorite

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。